>

早朝。

今日から、午後の記事は、
私が旅に出た二日間の詳細を話していきたいと思います。

画像は一切貼りません。
言葉だけで捉えて欲しいです。




7月2日。

本来ならこの日は、学校に行くはずだった。
だけど、私は、たくさんの荷物をリュックに詰め、

午前4時30分頃。自転車で家を飛び出した。

見慣れた光景。でも、それが嫌だった。
同じ日常の繰り返し。学校には行きたくない。
失恋のつらさと、憂鬱感と、人間関係の悩み。
それだけではないが、家を飛び出した理由は、それがほとんどだった。

霧雨が降る中、自転車で走る。

携帯電話の電源は切ったから、実質、その時の私への連絡のすべはなかった。

市街地を抜け、南へ向かう。
雨は少しずつ激しくなり、ハンドルが濡れていった。
隣の名取市にさしかかるときに、こう呟いた。

「行ってきます」

一週間で帰るなら、誰も心配しない。
いや、私を心配してくれる人などいるのだろうか・・・。




勝手な妄想かもしれないが、私は一人、孤独感を感じていた。

とにかく、仙台という場所が嫌いだった。
変わらない日々、そして学校での表面上の付き合い。

それらすべてが、私にとって鬱陶しかった。

そんな日常で、私を救ってくれたのは、あの人だった。
あの人は、周りから見て暗かった私に、声をかけてくれた。
ネガティブで、暗い文面の私のメールに、明るく対応してくれた。

あの人は、私の影に光を差してくれた。
私はそれだけが、とても嬉しかった。


そして私はいつからか、私はあの人のことが好きになっていた。


好きになってからしばらく経った、ある日。

私はあの人に告白をした。

自分の想いを伝えられなかったときの後悔が怖かったのかもしれない。
もしかしたら、付き合ってくれると思っていたからかもしれない。
そんな考えが合ったのだろう。

だが、結果は、その時の私にとっては、無惨なものだった。


「好きな人がいるの。ごめんなさい」


私にとっての光が、その瞬間、消えた。

そして私は、次の日から学校に行かなくなった。
そのときだった。旅に出てしまおうと決心したのは。




ひたすら私は、南へ向かっていた。







スポンサーサイト



今日から、また。

先週の木曜日以来、始めて学校に行きます。

自分がどのように見られるのか、不安ですが、
頑張りたいと思います。

そして、自分がどのようにすれば良いのか。
考えたいと思います。

   キタ━(゚∀゚)━!     あなたの来客ナンバーは
プロフィール

しゅーへー

Author:しゅーへー
ワシブログ NEW!へようこそ~!

東北地方の田舎在住。
将来の夢:声を使ったお仕事
1997年9月20日生まれO型。

某県立高校1年1組。
部活は演劇部。

不定期更新中
(忙しい)

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
26605位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
高校生
359位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
黒歴史
QRコード
QR
 
ブロとも申請フォーム
誰でも申請おk。 24時間募集中! どなたでもどうぞ~

この人とブロともになる

Twitter on FC2
ワシのtwitter。良かったら見てください~
Myカレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア2
web拍手 by FC2

ジオターゲティング
最新コメント
ザ.5秒
あなたの勘で5秒ぴったりを目指せ! 案内役は毒舌こけしですw
-->