>

出頭。




吉祥寺駅前。

ようやく私は警察に出頭しようとしていた。
交番の中に入ると、二人の警察官が座っていた。

「すみません」
「はい、どうしましたか?」
「はい、あの・・・・」

そういえば、こうやって交番に入るのは初めてだ。
どう説明すれば良いのだろうか・・・。

「その・・・。道を尋ねるとか、普通のことではなくて・・・」

その言葉を聞き、警察官は身構えた。
凶器でも持っているかと思ったのだろうか。

次の言葉を聞いたときには、警察官の表情が緩くなった。

「その、仙台から家出してきて、今、警察に来たんですけど・・・」

その時に予想していたのは、
めんどくさいそうな態度でことの経緯を聞きだし、
補導扱いされて強制的に送り返されるのかと思っていた。

しかし、予想に反して、丁寧な対応を取ってくれた。

「取りあえず、連絡先とか住所とか教えてくれる?」

警察官は紙を出してきた。

「あ、あとその前に変なものとかは持ってないよね?」
「あぁ、いや、持ってないです」
「ちょっと中身見させてもらうよ」

とにかく荷物が多かった。怪しまれるのは無理もない。

「うわ、いっぱいあるなぁ、そして重いね」
「まぁ、色々と準備してきたので・・・」
「ちょっと裏に来て一緒にチェックしてくれる?」

私は交番の中のロッカールームのようなところに通された。
荷物の多さに警察官の人たちは圧倒されていたようだった。

「良くこんなに持って歩いたなぁ」
「まぁ、途中までは自転車だったのですが・・・」
「へー。仙台からどこまで?」
「郡山です」
「よくそんなに自転車こいできたねぇ」
「行動力だけはあるので・・・」
「でもお父さんお母さんは心配してるぞ」
「・・・ですよね。すみません」


どうやら話は予想より大きなことになっていたようだ。
捜索願を出すと、その人物の特徴は警察が全て把握することになり、
警察を通して実質、全国指名手配のような形として扱われるらしい。
私は行方不明者として捜索されていたようだ。

私の場合は途中で「福島にいる」と連絡したため、
福島県警を中心に行方不明として捜査されていたらしい。


「とにかく、向こうには連絡着いたから」
「そうですか・・・」
「ここじゃ扱われないから、これから武蔵野署まで来てもらうからね」
「分かりました」


いわゆる、護送なのだろうか。
しばらくするとパトカーが来た。

「じゃあ、お前ついて行け」
「ウッス、了解です」

私は一人の若い警察官とともにパトカーに乗り込んだ。
その警察官は大阪出身で、配属されてからまだ8ヶ月らしい。

意外なことにも、その警察官とは話が弾んだ。

話したことは他愛もなかったが、
久々に他人と長い間話ができた。

なんだかそれが、嬉しかった。










スポンサーサイト



昆布

最近昆布にハマっています。

酢昆布から佃煮まで。
ありとあらゆる食べ方で昆布を食べています。

実は、遺伝の法則から来て、
私ははげてしまうようなのです。
そのため、海草類を頻繁に食すようにしてます。

まぁ、はげたらはげたで仕方が無いのですが、
できる限りあがき続けたいと思います。

髪の毛も個性のうちだし。
   キタ━(゚∀゚)━!     あなたの来客ナンバーは
プロフィール

しゅーへー

Author:しゅーへー
ワシブログ NEW!へようこそ~!

東北地方の田舎在住。
将来の夢:声を使ったお仕事
1997年9月20日生まれO型。

某県立高校1年1組。
部活は演劇部。

不定期更新中
(忙しい)

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
15272位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
高校生
152位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
黒歴史
QRコード
QR
 
ブロとも申請フォーム
誰でも申請おk。 24時間募集中! どなたでもどうぞ~

この人とブロともになる

Twitter on FC2
ワシのtwitter。良かったら見てください~
Myカレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア2
web拍手 by FC2

ジオターゲティング
最新コメント
ザ.5秒
あなたの勘で5秒ぴったりを目指せ! 案内役は毒舌こけしですw
-->