>

反省。




交番からパトカーに乗って10分ほどで武蔵野署に着いた。

武蔵野警察署の裏口にパトカーは止まった。
パトカーを降りると、喫煙していた複数の警察官がこちらを見る。
軽く会釈をして通り過ぎた。

中に入ると、すぐエレベーターに乗り、生活安全課に通された。

生活安全課の前の廊下には、夫婦らしい男女が椅子に座って俯いていた。
なぜだかその時のことは良く覚えている。
とても暗い感じで、息をしているようにも見えないほど動かないでいた。
息子か娘が、なにか犯罪を犯して、呼び出されたのだろうか。

どこの両親も、自分の子供は大切なのだろうか。

考えるまでもない。大切に決まっている。
私の両親も、きっと私を大切に思っている。
きっと、心配させている。

その頃になってようやく、反省する感情が芽生えてきていた。

生活安全課の中に、六畳ほどの窓のない小さな部屋があった。
それは、取調室だった。初めて入る取調室は少し薄暗い感じがした。

私を取り扱ったのは、生活安全課の中でも少年係というところだった。
少年係の人たちは、年配の方も結構多かった。

すぐに書類が手渡される。
住所、氏名、趣味、好きな食べ物、ほか・・・。
聞かれないと思っていたようなことでも何でも書かされた。

「しゅーへー、写真撮るぞ!」

眼鏡をかけた人が、私の写真を撮ろうとした。
とっさに髪を気にして、さわり始める。

「おいおい、そのままで良いぞ!充分男前だ」

お世辞でも、そんなことを言ってくれて嬉しかった。

取調室に入ったと言っても、
私の場合はただの保護扱いだったので、
ただ、荷物検査と書類を書いただけで、
他には何も問い詰めたりはさせられなかった。

「しゅーへー、何か食うか?」

そう聞かれたのは30分くらいしてからだった。

「あ、いや、大丈夫ですよ!お腹減ってないし・・・」
「じゃあ、何か飲むか?」
「あ、じゃあ、冷たいものもらっても良いでしょうか・・・?」
「おう。お前、何か嫌いなものあるか?」
「いや、何もないです」
「そうか。分かった」


そう言ってから数分後、
その人はカップラーメンと梨ジュースを持ってきてくれた。

「3分待てよ」
「あ、すみません。本当に・・・」

飲み物以外に食事も提供してくれた。
人の温かさに久々に触れられた気がする。






私は学校が嫌いだった。





スポンサーサイト



今更ですが。

私のブログにはコメントしてくれる方々がいます。
その人たちのおかげで励みになっています。コメントは素直に嬉しいです。

ですが、そのコメントを私のブログを見てくれている人に対して、
私はあまり送っていないような気がします・・・。


・・・えー、お詫びしたいとかねがね思っておりました。

申し訳ありません。

ただ、どの方もとても面白いブログばかりなので、
毎日心の中でゲラゲラと笑っています。

それだけは知っていてください。
しゅーへーも笑うんですわ。
   キタ━(゚∀゚)━!     あなたの来客ナンバーは
プロフィール

しゅーへー

Author:しゅーへー
ワシブログ NEW!へようこそ~!

東北地方の田舎在住。
将来の夢:声を使ったお仕事
1997年9月20日生まれO型。

某県立高校1年1組。
部活は演劇部。

不定期更新中
(忙しい)

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
15272位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
高校生
152位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
黒歴史
QRコード
QR
 
ブロとも申請フォーム
誰でも申請おk。 24時間募集中! どなたでもどうぞ~

この人とブロともになる

Twitter on FC2
ワシのtwitter。良かったら見てください~
Myカレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア2
web拍手 by FC2

ジオターゲティング
最新コメント
ザ.5秒
あなたの勘で5秒ぴったりを目指せ! 案内役は毒舌こけしですw
-->