>

最高の友達




電話をした相手。
それは一番の親友のT君だった。

警察に捜索願が出され、
実質、指名手配されている状況だった。
とにかく怖くて、重圧感でいっぱいだった。
(本当に惨めで恥ずかしい話だが)

「もしもし、T君?」
「お、どうした、今どこだ!?」
(※T君には、家出する前に、事前に色々と話していた)

「・・・郡山」
「遠いな。自転車でか?」
「・・・うん。今日、学校どんな感じだった?」
「いやー、まぁ、普通だったけど」

その日のことを色々と聞き、話していった。
そして、私もその日一日でどんなことがあったのかを話した。

「へ~。大変だったな」
「まぁ、こんな遠いところまで来ちゃったしね~」
「で、これからどうするんだ?」
「・・・・その話なんだけどさ」

私は一呼吸置いてから言った。

「明日、宇都宮で警察に行くわ」
「宇都宮!?なんで?」
「いや~、餃子でも食って帰ろうかと思って」

そのときにはまだ、ジョークを言えたのが、自分んでも驚きだ。

「なんだよそれ」
「うん。本当に悪いけどさ、これ以上は迷惑かけられないから」
「だよな~。やっぱり、まだ早かったんだって。中学生だし」
「そういう問題かい(笑)まぁ、色々と幼い面もあったしね」

T君と話をして、凄く気持ちが楽になったのを覚えている。
T君は、もう友達なんて存在ではない。言葉で表せないくらい、信頼できる人だ。

「じゃあ、ごめん。今夜は野宿だ」
「野宿か・・・。まぁ、がんばれよ!」
「うん。じゃあ、また会える日まで」


電話を切った。

7月とはいえ、東北の夜はまだ寒い。
足先や手の先の感覚が鈍くなっていた。

空は曇っていたが、雲の切れ目に大きな満月が出ていたのを覚えている。

これから一晩、どうなるのだろう。
人気もないから、大丈夫とは思うけど・・・・。



不安の中、目を閉じた。

耳にイアフォンを入れ、WALKMANで曲を聴く。
尾崎豊の「卒業」が流れていた。

この支配からの卒業・・・・・。



そうか。今の自分は自由なのか。
誰にも縛られてない。何でもできる・・・。


心配を掛けているとは知っていたが、何となく、そう考えた。


車のエンジン音だけが、遠くから聞こえていた。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

   キタ━(゚∀゚)━!     あなたの来客ナンバーは
プロフィール

しゅーへー

Author:しゅーへー
ワシブログ NEW!へようこそ~!

東北地方の田舎在住。
将来の夢:声を使ったお仕事
1997年9月20日生まれO型。

某県立高校1年1組。
部活は演劇部。

不定期更新中
(忙しい)

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
26605位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
高校生
359位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
黒歴史
QRコード
QR
 
ブロとも申請フォーム
誰でも申請おk。 24時間募集中! どなたでもどうぞ~

この人とブロともになる

Twitter on FC2
ワシのtwitter。良かったら見てください~
Myカレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
フリーエリア2
web拍手 by FC2

ジオターゲティング
最新コメント
ザ.5秒
あなたの勘で5秒ぴったりを目指せ! 案内役は毒舌こけしですw
-->